トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

証明写真の写真写りを良くする方法とコツ

2011年04月01日 06:50

 このページでは、免許証などの証明写真写真写りを良くする方法とコツについてご紹介しています。


 証明写真、とくに免許証などの証明写真写真写りに不満を感じてらっしゃる方がとても多いようです。免許証の証明写真は、長く使うものですから、できれば写真写りの良い物を使いたいものですね。

 そこで、今回は、証明写真写真写りを良くする方法とコツについて、大切なポイントをご紹介しましょう。


 証明写真写真写りを良くするポイント 1


 写真写りの善し悪し、とくに顔が大部分を占める証明写真の善し悪しは、あごの角度で顔の印象が、がらりと変わります。

 たとえば、あごを上に上げて撮った写真は、上から見下ろすようなどこかしら尊大で傲慢な印象の顔になります。言い方を変えれば、ちょっと人を見下すような目線の顔ですね。

 あごを前に突き出すような感じで撮っても、同じような写真写りになり、印象が悪くなりますので注意しておきましょう。

 また、あごを下に下げて撮った写真は、顔が下向きなのに目だけが上を見るような視線になります。言ってみれば、下からにらみつけるような写真映りになります。

 あごを手前に引きすぎても、同じような写真写りになりますので気をつけてくださいね。

 証明写真の写真写りを良くするあごの角度は、上げすぎず下げすぎずがいちばん無難ですが、ほんの少しあごを上げて撮ると、見る人に自信に満ちた印象を与えることができます。

 また、ほんのすこしあごを引いて撮ると、控えめな優しい印象の顔になります。どちらがいいかはそれぞれの好みもありますから、証明写真を撮る前に鏡を見ながら、いろいろ試してみるといいでしょう。


 証明写真の写真写りを良くするポイント 2


 証明写真の写真写りを良くするふたつめのポイントは口元。

 明らかに笑っている写真は、証明写真としてはNGですが、微笑みを浮かべているような写真はとても印象が良くなります。

 印象の良い微笑みを浮かべた写真を撮るには、”イ”で終わる言葉を言った時の口の形を作ることがコツです。

 たとえば、”うれしい”とか”ラッキー”とかですね。”イ”で終わる言葉を言ったときの口元は、口角(唇の両端)がほんの少し上がって、ちょうど微笑んでいるような印象になります。


 証明写真の写真写りを良くするポイント 3


 証明写真の写真写りは、色でもかなり印象が変わります。街角に置いてある証明写真の機械には、できあがりの色を調節する機能がついたものもありますので、上手に活用したいものですね。

 また、証明写真を撮るときの服の色でも、写真写りが大きく変わります。

 基本的には、白系統のワイシャツやブラウスなどを着て証明写真を撮ると、顔も明るく活発な印象の写真写りになります。また、逆に黒系統の色の服を着て証明写真を撮ると、キリッと引き締まった印象の写真写りになります。

 どちらがいいかは、好みにもよりますので、いろいろ試していちばん写真写りの良い服をあらかじめ選んでおくといいですね。


 今回は、免許証などの証明写真の写真写りを良くする方法とコツについてご紹介しました。


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/99-410ce712
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。