トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

動画で見る、てなもんや三度笠と名優藤田まこと

2010年02月20日 02:24




 ”てなもんや三度笠”(てなもんやさんどがさ)は、昭和37年(1962年)5月6日から昭和43年(1968年)3月31日までABCテレビ(朝日放送)製作、TBS系で放送されたテレビコメディ番組で、放送開始当初は公開放送形式、つまり生放送の時代劇風コメディでした。

 当時は、番組をあらかじめビデオテープに収録して放送するという技術が無かったという事情もありますが、スタジオに組まれたセットの中でスピーディーに展開する物語を、やり直しの利かない生放送で正確に演じる出演者と、それを支えるスタッフの技量はまさに職人芸と言えるものであったと、今でも語り継がれているそうです。

 この”てなもんや三度笠”が出世作として知られ、後にテレビ時代劇「必殺」シリーズの中村主水(もんど)役や「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事役などでお茶の間に親しまれ、舞台や映画でも個性的な演技を見せた俳優藤田まこと(本名・原田真=はらだ・まこと)さんが17日、大阪府吹田市内の病院で亡くなられました。

 藤田まことさんは、昭和8年生まれで、享年76歳。お父様は、無声映画時代の時代劇スター、藤間林太郎氏。

 少年時代の藤田まことさんは、そのほとんどを関西で過ごされたそうですが、もともとは東京生まれで、高校中退後、司会業などで地方を回り、やがて大阪で喜劇俳優に。

 そして、昭和37年、テレビの時代劇バラエティー”てなもんや三度笠”で、あんかけの時次郎役を演じ、一躍お茶の間の人気者となりました。

 その後、人気時代劇「必殺」シリーズで「ムコ殿」といびられる恐妻家の仕事人(殺し屋)、中村主水や、「はぐれ刑事純情派」では人情肌の安浦刑事といった長寿番組で個性的な主役を務め、テレビドラマだけでなく舞台や映画でも活躍し、平成14年に紫綬褒章を受賞されました。



新必殺仕事人/必殺仕事人3



クレカで全国送料無料!!はぐれ刑事 DVD-BOX平幹二朗



 藤田まことさんの出世作として知られる”てなもんや三度笠”は、全309回放送され、そのほとんどが白黒放送でしたが、昭和42年(1967年)12月7日放送の第294話からカラー放送となりました。

 てなもんや三度笠の登場人物は、三度笠をかぶり各地を放浪する渡世人、あんかけの時次郎役の藤田まことさんや、口が達者で食べ物に目がない時次郎の相棒の小坊主、珍念役の白木みのるさんをはじめ、てんぷくトリオ、漫画トリオ、かしまし娘、榎本健一、柳家金語楼、芦屋雁之助、平参平、コント55号、横山やすし・西川きよし、清川虹子といった、東西の人気スターが毎回ゲストとして出演する高視聴率を誇る人気番組した。

 てなもんや三度笠は、スポンサーだった菓子メーカーの前田製菓の製品を手に、藤田まことさん演じるあんかけの時次郎の名台詞、”俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!”でもよく知られています。



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/76-349c30c0
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。