トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

シニア世代のコミニュケーションツールとパソコン(PC)

2009年12月18日 01:22

 パソコン(PC)は、シニア世代にとって、なくてはならない身近な生活の道具として定着したことを裏付ける調査結果が発表されました。

 シニア世代のパソコンに対するインターネット調査を行ったのは、オンライン上でのデジタル写真集サービスを手がける「デジブック」(東京都渋谷区)。

 シニア世代のパソコンに対するインターネット調査の対象年齢は、60~79歳の男女で、有効回答数800人の回答結果から、パソコンやインターネットは、世代を超えた生活必需品となったことを示す調査結果が、2009年9月25日の産経ニュースに掲載されています。


 以下、その記事を引用してご紹介します。

 (ここより引用)

 シニア世代にとってパソコンは必需品-。オンライン上でのデジタル写真集サービスを手がける「デジブック」(東京都渋谷区)が60~79歳の男女を対象にしたインターネット調査(有効回答数800人)で、こんな傾向が浮かび上がった。

 調査結果によると、パソコンの利用頻度について、93・5%が「ほぼ毎日」と回答した。パソコンやインターネットをこれから趣味にしたいと考えている人の利用頻度は96・1%とさらに高くなった。

 パソコンで何を利用しているか聞いた質問(複数回答)では、情報検索サイトが79・8%でトップ。電子メール(77・1%)、ネットショッピング(68・6%)が続いた。

 また、パソコンを使うことによる影響を聞いたところ、91・4%が「情報が得やすくなる」と回答。さらに5割以上が「知識が増える」「老化防止に役立つ」「趣味が広がる」と答え、パソコンを肯定的に評価しているシニア層が多いことが分かった。

 (以上引用終わり)


 シニア世代のパソコンに対するインターネット調査の結果を見ると、シニア世代の、93・5%が、ほぼ毎日パソコンを使用し、さらにインターネットを趣味にしたいと考え、なおかつ79.8%のシニア世代が、情報を得るためにパソコンを活用し、さらに、パソコンを単なる情報ツールや、コミニュケーションツールとしてだけでなく、老化防止にも役立てていることがわかります。

 また、パソコンで何を利用しているか聞いた質問(複数回答)では、情報検索サイトが79・8%でトップ。電子メール(77・1%)、ネットショッピング(68・6%)が続いた、とあるように、もはや年齢に関係なく、シニア世代にとってもパソコン(PC)やインターネットは、暮らしに欠かせない道具なっているようです。


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/73-3f45551b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。