トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

2009年7月22日の皆既日食について

2009年07月20日 19:13

 ”日食(にっしょく)”というのは、地球から見て、月が太陽の前を横切るときに太陽の姿の一部、またはすべてを隠してしまう天文現象のことを言います。


 月が太陽の姿をすべて隠してしまうことを、”皆既日食(かいきにっしょく)”、一部分を隠す場合を、”部分日食(ぶぶんにっしょく)”と言い、太陽と月の位置関係によっては、太陽の方が月よりも大きく見えることによって、月の影の周囲に太陽の光が輪のようになって見えることもあり、この場合は、金環日食(きんかんにっしょく)、または金環食と呼ばれます。


 いずれの場合も、地球からみた”見かけ上の現象”ですので、地球上のどこで見るかによって、太陽がどのくらい隠されるかも違ってきますし、日食が始まる時刻や終わる時刻も違ってきます。


 2009年7月22日に起こる日食では、日本全国で部分日食を見ることができます。


 日本各地の主な地点における、日食が始まる時刻・最大になる時刻・終わる時刻は、国立天文台の2009年7月22日皆既日食の情報のページをご確認ください。


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/61-c8468dbd
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。