トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

紫外線散乱剤とは

2009年04月10日 15:06

 紫外線散乱剤とは


 紫外線散乱剤とは、太陽からの紫外線を肌の表面で散乱させて、紫外線による影響を防ぐ成分。

 一般的には、”酸化チタン”や”酸化亜鉛”などが紫外線散乱剤の成分として主に用いられ、パウダー状になった紫外線散乱剤を肌に塗ることによって、肌の上に膜をつくり、紫外線を反射、拡散させる。

 紫外線吸収剤と違って、肌の上で化学変化を起こさないため、敏感な肌でも使用できるのが特徴。

 以前ほどではないが、紫外線の防止効果を高めるために、紫外線吸収剤紫外線散乱剤がともに配合されている商品もある。

 紫外線吸収剤が肌に与える影響を心配するならば、紫外線吸収剤を使っていないことを示す、”吸収剤無配合”、”ノンケミカル”といった表示のある商品を選ぶことが大事である。

 また、紫外線散乱剤は、肌の皮脂を吸い取ってしまう性質があるため、乾燥肌の原因となる事もあり、保湿成分が配合されているタイプの物が望ましい。

関連記事 : 

          紫外線吸収剤とは

          紫外線の種類 

          紫外線の強さについて

          光老化とは


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/39-a82984a6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。