トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

加齢臭の原因、加齢臭の予防と対策

2011年07月19日 06:49

 このページでは、加齢臭の原因、加齢臭の予防と対策についてご紹介しています。



 加齢臭とは


 加齢臭(かれいしゅう)は、文字通り、年齢を重ねるにつれて現れる中高年特有のにおい(体臭)の俗称で、別名”エイジングノート”とも呼ばれます。加齢臭は、一般に男性の場合、40歳前後を境にして次第に臭ってくる言われています。



 加齢臭の原因


 加齢臭という言葉は、西暦2000年(平成12年)12月11日に、資生堂リサーチセンターの土師信一郎氏らの研究により、ノネナールと呼ばれる体臭成分がその原因のひとつであることが突き止められ、”加齢により体臭も変化する”概念を示す言葉として命名されました。

 加齢臭の原因のひとつであるノネナールは、毛穴の奥にある皮脂腺と呼ばれる分泌腺から分泌されるパルミトオレイン酸(脂肪酸)や皮膚に寄生するバクテリアの分泌する分泌物が酸化、発酵してできる体臭成分で、主に耳の後ろ側や頭皮、首筋、額から鼻にかけてのTゾーンと呼ばれる部分などに多いことが知られています。

 加齢臭は、中高年以上の男性に特有の体臭と受け止められている傾向が強いようですが、加齢臭の原因物質のひとつであるノネナール自体は、加齢に伴って男性にも女性にも現れる体臭成分です。

 ただ、汗や皮脂などの老廃物の分泌量が女性に比べて男性の方が多いことや、男性ホルモンが皮脂腺の発達を促すために、皮脂が大量に分泌され、その結果として加齢臭の臭いの元となるノネナールが大量に発生するという側面もあって、一般に加齢臭と言えば中高年の男性特有の体臭として受け止められる傾向にあります。


 加齢臭の予防と対策

 加齢臭の予防と対策を考えるうえで最も大切な事は、まず日頃から身だしなみに気をつけ、体を清潔に保つ心がけが重要です

 さらに、加齢臭の予防と対策には食生活の見直しや改善、適度な運動、そしてストレスの解消なども有効であるとされています。

 食生活の見直しや改善という面で言えば、肉などを中心とした洋食よりも、野菜や米を中心とした昔ながらの和食が望ましいと言われています。

 また、高い抗酸化作用を持つビタミンのうち、別名”若返りビタミン”とも呼ばれるいわれるビタミンEやビタミンCなどを意識して摂ることも加齢臭の予防と対策に効果があると言われ、抗酸化作用のある食品は活性酸素によるダメージを防ぐと共に、活性酸素によって傷つけられた細胞を再生させることによって、加齢臭の発生も抑えることができると言われています。



 このページでは、加齢臭の原因、加齢臭の予防と対策についてご紹介しました。


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/109-34ac8d3f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。