トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

動画で見るエアコン(クーラー)クリーニングとフィルター清掃のコツ

2011年07月03日 18:59

 このページでは、動画で見るエアコン(クーラー)クリーニングの様子と、自分でできるフィルター清掃のコツについてご紹介しています。



 エアコン(クーラー)は、部屋のなかに充満している暑くて汚れた空気を吸いこんで、それを清浄な冷たい空気にして部屋に戻し、いつでもスイッチひとつで涼しく快適な環境にしてくれます。

 そのエアコン(クーラー)に欠かせない部品が、”フィルターエア・フィルター)”です。

 エアコン(クーラー)のフィルターは、部屋の中に漂うホコリや塵をつかまえて空気を濾過するという大切な役割を持っています。とくに最近の空気清浄機能を持ったエアコン(クーラー)にとって、フィルターは、とても重要な部品です。

 エアコン(クーラー)のフィルターは、長く使ううちに、部屋の中を漂うホコリなどが蓄積して次第に空気が通り抜けにくくなる”目詰まり”を起こします。フィルターが目詰まりすると、吸いこむ空気の量が少なくなり、部屋を冷やす力もちいさくなっていきます。

 エアコン(クーラー)は、フィルターが目詰まりして空気が通りにくくなっても、あらかじめ設定された温度まで室温を下げて快適な状態を維持しようとしますから、そのぶん、より多くの電力を消費します。

 フィルターさえこまめに掃除していれば、使わなくても済む余分な電力を、毎日無駄に消費し続けているわけですから、当然電気代もかさみます。これはとてももったいない話です。


 そこで、エアコン(クーラー)を上手に使って賢く節電するコツの第一歩は、フィルターのお掃除から。エアコン(クーラー)のフィルターは、使い方や設置されている部屋の環境や条件によっても違いますが、最低でも2週間に1度は掃除するように心がけてみましょう。


 エアコン(クーラー)のフィルター清掃のコツ


 ごくふつうのご家庭で使われているエアコン(クーラー)のフィルターについた汚れやホコリは、取り外して水洗いをするか掃除機で吸いとれば簡単にきれいになります。汚れがひどいようなら、中性洗剤をとかしたぬるま湯かエアコン専用の洗浄スプレーで洗ったあと、陰干しにするのが、新品同様に甦らせるコツです。

 空調機器のトップメーカーダイキンのホームページによれば、このエアコン(クーラー)のフィルター清掃を行うことで約5%の節電につながる、とのことです。国を挙げての節電が求められている今年の夏、こまめなフィルター清掃で涼しく快適に過ごしながら、家計にも優しい節電を心がけてみましょう。





 動画で見るエアコン(クーラー)クリーニング



 自分でできるフィルター清掃の次は、フィルターの奥にある冷却フィン熱交換機)と呼ばれる部品にも注目してみましょう。

 部屋の暑い空気を吸いこんで、冷たい空気にして吐き出すことで、部屋を涼しくするエアコン(クーラー)を上手に使う上で、重要なのはフィルターだけではありません。フィルターの奥にある冷却フィン熱交換機)の掃除も重要です。

 冷却フィンは、フィルターを通過した清浄な空気を冷たくするために欠かせない部品です。

 この冷却フィンにほこりがたまると、フィルターの場合と同じように吸い込む空気の量が少なくなります。そして何よりも部屋を冷やす力が弱くなります。

 その理由は、冷却フィンにたまったホコリや汚れが邪魔をして、冷却フィンに直接触れる空気の量が少なくなってしまうから。

 それでもエアコン(クーラー)は、部屋の温度を、あらかじめ設定された温度まで下げて快適な状態を維持しようとしますから、そのぶん、より多くの電力を消費します。部屋を冷やす力が小さくなったぶん、部屋を冷やすためにより多くの電気が必要になってしまうのです。

 実際のところ、長年使い続けたエアコン(クーラー)の冷却フィンには、びっくりするほどの汚れが溜まっているものです。

 ”エアコン(クーラー)の始動時にイヤな臭いがする”、”エアコン(クーラー)の効きが悪くなった”と感じることが多いようなら、フィルター清掃の時に冷却フィンの汚れも確かめてみてください。汚れの程度にもよりますが、冷却フィンをリフレッシュすることで見違えるように冷房効果が甦り、イヤな臭いも解消する可能性があります。

 とはいえ、冷却フィンの清掃は、フィルターとちがって自分で、というのはちょっと難しい面もあります。とくにエアコン内部の複雑な電気系統に水がかかったりして不具合を起こしたりする不安もありますので、専門のエアコンクリーニング業者さんに依頼する方がいいでしょう。

 エアコン(クーラー)クリーニング(洗浄)の様子を動画でご覧いただけますので、ご参考にしていただければと思います。




 今回は、動画で見るエアコン(クーラー)クリーニングの様子と、自分でできるフィルター清掃のコツについてご紹介しました。


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/107-4f2059a1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。