トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

統一省エネラベルと、省エネ性能カタログで選ぶ、かしこい家電製品選びのコツ

2011年04月03日 16:27

 このページでは、家電製品の省エネ性能ラベルの星印でわかる”省エネラベリング制度を活用した省エネ家電製品選びについてご紹介しています。



 省エネルギーなどの様々な技術の進歩によって、家電製品をはじめとした電気機器はその機能や使い勝手はもちろんこと、エネルギー消費効率もどんどん良くなっています。
省エネエアコン

 平成16年の資源エネルギー庁による電力需要の概要(平成15年度実績)によると、家庭における消費電力量の多い機器は、第一位がエアコン(25.2%)で、冷蔵庫(16.1%)が第二位、第三位は照明器具(16.1%)、そしてテレビ(9.9%)が第四位となっています。

 そして、第一位を占めるエアコンについて、(株)日本冷凍空調工業界の調べによれば、2000年製のエアコンと、10年後の2010年製のエアコンとを比較した場合、2000年製のエアコンが1200キロワット、2010年製のエアコンが872キロワットで、大幅に省エネ性能が向上したことがわかります。

 また、エアコンに次いで消費電力の大きな冷蔵庫や照明器具、テレビでも大幅な消費電力の低減が図られ、テレビやDVDレコーダーなどについては、使用時の消費電力に加え、リモコンの指示待ちやタイマーに使われる待機電力の低減も行われています。

 このように、家電製品などの省エネ技術の進歩にはめざましいものがありますから、しっかり選んでお得に使いたいものですね。


 そこで、重要なポイントとなるのが、何を元にして省エネ性能に優れた家電製品を選ぶかという情報源です。


 その手がかりになるのが、それぞれのメーカーが出している家電製品のカタログなのですが、私たち一般の消費者にとって、いろんなメーカーから出されている家電製品の省エネ性能を、それぞれのメーカーのカタログデータから拾い出すのはけっこう手間がかかります。


 もっと簡単に、ひと目で、その家電製品の省エネ性能を知ることができたり、他の家電製品と比較できたりする表示があると、とても便利ですね。


 それが、”省エネラベリング制度”と呼ばれる制度に基づく統一省エネラベルです。


 省エネラベリング制度とは?


 省エネラベリング制度とは、家庭で使われる製品が国の省エネルギー基準を達成しているかどうかをわかりやすいラベルで表示する制度で、基準を達成している製品には緑のマーク、達成していない製品には橙色のマークのラベルが付けられます。
省エネラベリング制度

 そして、緑色のマークで表示されたラベルに書かれた省エネ基準達成率の数字が大きい程、省エネ性能に優れた製品という事になります。

 この省エネラベリング制度のラベルは製品のカタログや製品本体にも表示されていますので、その場で家電製品の省エネ性能を知ることができますし、他社の製品と比較するのにも便利です。


 また、平成18年から統一省エネラベルも製品本体に表示されるようになりました。


 統一省エネラベルには、その製品が国の省エネルギー基準を達成しているかどうかが、ひと目でわかる星印の数と数字で表示され、さらにその製品の年間消費電力量と、その製品を一年間使い続けた場合の電気料金の目安が具体的な金額で表示されています。
統一省エネラベル


 さらに、製品の省エネ性能を調べたり、他の製品と比較する時の情報源として役立つものに、省エネ性能カタログがあります。


 省エネ性能カタログとは?


 省エネ性能カタログとは、財団法人 省エネルギーセンターが発行している省エネ性能に特化したカタログで、それぞれの家電製品を分野別に分類して、省エネ性能に優れた製品順にランク付けされています。

 もちろん、単に家電製品の省エネ性能を比較して順位を付けただけでなく、家電製品のかしこい使い方、”年間の電気代が約10,800円おトクになる”方法といったお金に関する情報や、それぞれの家電製品が消費する年間の電気代の参考値も記載されていますので、使ってみなければわかりにくいランニングコストも一覧で把握することができる構成となっています。


 省エネ性能カタログの入手方法

省エネ性能カタログ

 省エネ性能カタログを入手するには、発行元の財団法人省エネルギーセンターに、送付先の住所と必要な部数を明記して申し込めば無料で手に入れることができます。

 ただし送付に伴う送料の負担が必要になりますので、冊子としてのカタログでなくても良いという方は、省エネルギーセンターのホームページにアクセスして、商品カテゴリや能力別に絞り込みができるHTML版またはPDF形式版をご覧になる方が早いかも知れません。

 以下に、省エネ性能カタログの入手先をご紹介しておきますので、かしこい省エネ家電製品選びの参考にしていただければ、と思います。


  財団法人 省エネルギーセンター
  http://www.eccj.or.jp/
  省エネ性能カタログ
  http://www.eccj.or.jp/catalog/index.html
  省エネ性能カタログ(HTML版)
  http://www.eccj.or.jp/catalog/2008w-h/index.html
  省エネ性能カタログ(PDF版)
  http://www.eccj.or.jp/catalog/2008w-h/pdf/00_all.pdf


 今回は、家電製品の省エネ性能ラベルの星印でわかる”省エネラベリング制度”を活用した省エネ家電製品選びについてご紹介しました。
●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichinichiichigo.blog73.fc2.com/tb.php/100-533be02f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。