トップページ  サイトマップ  リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集

 トップページ  サイトマップ  リンク集

口内炎(アフタ性口内炎)の原因と症状

2011年01月18日 06:31

 このページでは、口内炎アフタ性口内炎)の原因と症状についてご紹介しています。



 口内炎(こうないえん)とは


 口内炎(こうないえん)は、頬の内側や唇の内側、歯ぐき、舌などの、口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、大きく分けると細菌感染を原因とする口内炎、ウイルス感染を原因とする口内炎、そして偏食などによる鉄分やビタミンの不足、ストレスや睡眠不足、歯のかみ合わせの異常などによって起こるアフタ性口内炎などがあります。



 アフタ性口内炎とは


 一般的に口内炎と言えばアフタ性口内炎の事を指し、口の中の粘膜におよそ5ミリ程度の白っぽい灰白色斑(アフタ)を作ることから、アフタ性口内炎と呼ばれます。

 アフタ性口内炎の原因としては、偏食などによる鉄分やビタミンの不足、睡眠不足や過度のストレス、不正咬合(歯並びがふぞろいなために、歯のかみ合わせが悪い状態)や口の中を噛んでしまった場合などが挙げられ、さらには体質的にアフタ性口内炎になりやすい場合や、ビタミン欠乏症の症状として起こる場合もあります。



 アフタ性口内炎の症状


 アフタ性口内炎の症状は、口の中の粘膜におよそ5ミリ程度の白っぽい灰白色斑(アフタ)がひとつ、もしくは数個できることが特徴で、鋭い痛みを伴い、悪化すると灰白色斑(アフタ)からにじみ出すような出血が起こります。

 アフタ性口内炎は、通常であれば、およそ一週間程度で自然に治る場合がほとんどですが、症状によっては食事や会話に支障を来すほどの痛みが長く続く場合もあります。


 今回は、口内炎の原因と症状についてご紹介しました。



スポンサーサイト

●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。



 トップページ  サイトマップ  リンク集



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。